浮気調査.com -自分・夫・妻・彼氏・彼女の浮気-

【浮気とは?】 浮気に時効はあるのか?

浮気などの不貞行為に対する慰謝料請求権は、不貞行為の被害者、またはその法定代理人が、最後の不貞行為及び相手を知った時点から3年で時効を迎え、除斥期間(法律関係を速やかに確定させるため、一定期間の経過によって権利を消滅させる制度)は20年となります。

つまり、時効を迎えるまでは、たとえ相手との浮気や不貞の関係が終わっていたとしても、さらに、別れ・離婚の後であっても、当人(夫、旦那、彼氏)やその相手にも慰謝料を請求する事ができるということです。

しかし、21年経過してから浮気、不貞行為に気付いた場合、慰謝料を請求する事はできません。

民事的に、相手(配偶者)や浮気相手に対し、慰謝料を請求するような裁判を起こせるのは、浮気の事実を知ってから3年です。例えば、5年前に浮気していたとしても、それを今日知ったのなら、今日から数えて3年後に時効、ということになります。

ただ、損害を知っただけで加害者を知らない場合や、加害者は判るけど、どのような損害なのか認識していない、という状態では時効は進行しないと考えられています。
つまり、時効は「被害者が浮気の事実を知り」かつ「浮気相手の住所・氏名を知った時」から3年ということになります。

浮気を証明するためには、友人に相談したとか、探偵事務所に調査を依頼した、日記に記録を残している、などの証拠が必要になります。
ただ、しばらくの間黙認していたとしても、あくまで気がついたのが最近、と言うことにしておけば、時効以内なら慰謝料請求権はあるのです。
現在まで継続していた場合、継続している事を最後に確認したとき、もしくはそれが原因で離婚した場合は、離婚が成立してから3年となります。


【自分でできる浮気マニュアル】人気が高い理由は?

浮気調査マニュアルをご存じですか?浮気調査マニュアルは探偵に頼まず自分で浮気調査をするための指南書です。自分で調査をすれば探偵に頼むのに比べて50分の1〜100分の1くらいの金額で浮気調査ができます。では自分で本当に浮気調査ができるのでしょうか?・・・>>続きを読む


→自分で出来る浮気調査マニュアルの詳細を見る


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2013 浮気調査.com -自分・夫・妻・彼氏・彼女の浮気- All Rights Reserved.