浮気調査.com -自分・夫・妻・彼氏・彼女の浮気-

【浮気調査に関すること】 慰謝料について

浮気について慰謝料を請求できる条件としては
・配偶者が異性との肉体関係を持つこと。つまり不貞行為があること。
・不倫相手が、既婚者と認識した上で不貞行為を行った場合。
・婚姻関係が破綻していないこと(婚姻関係が破綻している場合には、不倫の慰謝料請求は認められていません)
などがあります。

浮気・不倫・不貞は、適法な証拠があれば、慰謝料請求が認められ、他の原因による慰謝料よりも一般に金額が大きく、話が早く決着する傾向のようです。
浮気に対する慰謝料は、浮気された人の精神的苦痛に関する賠償金として支払われるものです。
このため、はっきりとした金額の相場のようなものはありません。また、浮気の事実があったからといって、必ず慰謝料が取れるものでもありません。
慰謝料請求の段階になって、相手が不貞行為の事実を隠したり、前言撤回する、というのはよくあることなのです。

慰謝料を請求する際、有利に進めていくために、証拠をしっかりと押さえておく必要もあります。
また、離婚後では話し合いに応じてくれない場合があるため、慰謝料の請求は、離婚成立前に請求した方が良いでしょう。
また、浮気相手にも、共同不法行為として慰謝料請求が出来ます。

様々な原因で離婚に至った場合、慰謝料は、財産分与や養育費とは違い、相手側にどれだけ非があるか、つまり有責性が大きな判断材料になります。
一般的に、不貞行為に対する慰謝料請求の相場としては、300万円前後のようです。
ただ、最近は、精神的苦痛についての金銭的評価が上昇傾向にあるので、500万円〜600万円を超える慰謝料の例も増えてきています。
精神的苦痛の程度。婚姻期間と年令。支払い側の社会的地位と資産・収入。生活能力や扶養する子供の有無。こうしたところが慰謝料の算定基準になります。


【自分でできる浮気マニュアル】人気が高い理由は?

浮気調査マニュアルをご存じですか?浮気調査マニュアルは探偵に頼まず自分で浮気調査をするための指南書です。自分で調査をすれば探偵に頼むのに比べて50分の1〜100分の1くらいの金額で浮気調査ができます。では自分で本当に浮気調査ができるのでしょうか?・・・>>続きを読む


→自分で出来る浮気調査マニュアルの詳細を見る


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2013 浮気調査.com -自分・夫・妻・彼氏・彼女の浮気- All Rights Reserved.